お知らせ・エベントと資料

2022/10/31

CBI学会2022年大会のランチョンセミナー資料が出来上がりました

『AI解析データの活用による疾患標的、毒性標的探索への応用』
・緑川 淳((株)ワールドフュージョン)「BERTによる PubMedの解釈と毒性、疾患標的への活用」
・田中 利男(三重大学院医学系研究科)「次世代ゼブラフィシュ発生毒性とLSKB毒性機構解析システム」
・緑川 淳((株)ワールドフュージョン)「タンパク質情報の高次利用とWorkflowによる効率化」

2022/9/14

第11回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2022)スポンサードセッション

BERTによる情報の分類と統合データを活用した疾患/毒性の標的探索

2022/7/4

第49回 日本毒性学会学術年会発表のポスター資料

【発表ポスターのダウンロード】
薬物モニタリングとファーマコビジランスのためのAIベースの予測分析と統合されたトランスレーショナルセイフティデータ

2022/6/24

2022/7/29 テクニカルセミナー

タンパク質構造情報の高次利用

2022/4/21

2022/4/21 テクニカルセミナー

【LSKB WEBセミナー】統合データと各種解析ツールの連携による創薬へのアプローチ

2021/12/20

2021年12月20日テクニカルセミナー

【LSKB WEBセミナー】ターゲットや化合物の探索に必要な3つの要素、AI、自動化、視覚化

2021/10/26

CBI学会 2021年大会

『MoAデータ]の活用と、意思決定ツール による創薬の加速』