長方形
AI-KS-LSKB-logo_透明.png
Life Science Knowledge Bank
​ビデオライブラリー 限定公開チャンネル

2022/7/29 LSKB Webセミナー

タンパク質をハブとする情報と創薬への展開

タンパク質構造情報の高次利用
創薬モダリティの多様化により、アンドラッガブルと言われた疾患ターゲットへの挑戦が可能になり、疾患のターゲットタンパク質に対する重要性が増している。
このビデオでは、タンパク質に着目し、疾患標的となるタンパク質へのアプローチを様々な方法のうち、以下の3項目を紹介します。
・MoAと疾患の関連により 構築された 生物学的機能に関連する疾患のデータベース「GO-MoA」を利用し、タンパク質に関する情報を見出すアプローチ。
・タンパク質のポケットの形状解析手法PoSSuMと、配列ベースのDelta Blastなどの手法 で探索範囲を広げる各種手法とそれらの有用性。
・LSKBと情報と連携することによる 分子設計ソフトウェアMOEを用いた創薬モダリティへの展開。