Expression/Variant Analysis

発現データの解析結果のアノテーションとGSEAによる解析、を提供しています。
Expression analysis workflow

Expression analysis workflowでは発現解析結果のでーたにアノテーションを付与します

​以下の目的におすすめです。

遺伝子と関係がある活性化合物を取得

  ⇒化合物による活性制御が可能な遺伝子(タンパク)を特定

 

1, 実測されたアッセイ情報を用いて遺伝子の化合物標的としての評価を迅速化

2, in vitro assayに用いる化合物の探索を通じてGene-Phenotype間の相関解析

3,情報の少ない遺伝子・タンパクの機能を結合化合物の作用から推定

Statistical Test / GSEA / Bayes

発現データの一般的な統計解析、GSEA解析、Bayse手法を用いた薬理作用の評価を行います。

GSEA for 3D Gene

ただいま更新中です

Variant analysis workflow

ただいま更新中です

VCFデータを入力に一般的なSNP Effを用いた解析と、VCFファイルにdbSNP由来のアノテーション付与を実施します。