top of page

ElpisMap

HTS等のデータ視覚化により、GO, No-Go, No-Needを判断しやすくする意思決定支援ツール

【着目ポイント】
・ディスクリプターに基づくデータの傾向を分析
・化合物をMWなどのディスクリプターで抽象化して散布図を作成
・活性値などのデータでカテゴリ分類し、カテゴリ重心を描画
・カテゴリ重心の移動傾向から全体の傾向を分析
・データ全体の傾向からGO/NO-GO/NO-NEED判定に利用可能
・ワークフローで、公共データよりElpisMap用データが作成できるので公共データと自社データの比較が簡単
【クエリー】
タブ区切りテキストファイル
dummy.png

bottom of page